【千葉ニュース】「東京ディズニーシー」大規模拡張が決定。新エリアは『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』

人気の記事
人気の記事

関連 「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」基本計画の合意およびディズニー社とのライセンス契約の延長について

新たに開発する8番目のテーマポートは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマとし、ディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』の世界を、本プロジェクトのために新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアと、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成されます。

この「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」では、既存施設への追加投資として過去最高となる約2,500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022年度中の開業を目指します。

以前から話しに上がっていた、駐車場用地を活用した新テーマパーク構想は、「東京ディズニーシーの大規模拡張」ということで決定したそうです。開業は2022年度とのこと。

新エリアは『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』と人気作品で揃えており、各エリアにアトラクションやレストランが設置されます。また、パーク内に高級ホテルも建設するそうで、丸1日ディズニーの世界を体験することも可能になるようです。

2020年に東京ディズニーランドで開業予定の「美女と野獣」の新エリアの件も合わせて、楽しみな話題です。