【幕張ニュース】サッカーの本田圭佑 氏とGSAグループが幕張にインターナショナルスクールを開校予定

人気の記事
人気の記事

関連 本田圭佑プロデュースのサッカースクールを運営するKSKグループとグローバル教育を提供するGSAグループがインターナショナルスクールを開校!

KSKグループ傘下のSOLTILO Child Care Center株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:鈴木良介)と株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS(以下、GEP、本社:東京都港区、代表取締役社長:モントゴメリー道緒)は合弁会社SOLTILO GSA株式会社を設立。「グローバル人材育成カリキュラム」 に 「健康的な心身発達のためのスポーツ教育メソッド」を導入した新しいスタイルのインターナショナルスクールSOLTILO GSA International School (以下、SGIS) を2019年4月に千葉県・幕張新都心エリアに開校します。

サッカー日本代表などで活躍する 本田圭佑氏 がプロデュースする企業と、インターナショナルスクールを経営するGSAグループがタッグを組み、幕張新都心エリアにインターナショナルスクールを2019年4月に開校するとのことです。

“豊かな知性と健やかな身体を育む、質の高い国際教育の提供”をカリキュラムコンセプトに掲げ、0歳〜6歳の子どもを対象に、英語・日本語教育及びスポーツ教育の他に、STEM教育、マインドフルネス、食育など最先端のプログラムやアクティビティの導入を予定しています。

また、上記のように「0歳〜6歳の子どもを対象に」とあるので、幼稚園のような形のインターナショナルスクールになるのかもしれません。

GSA傘下のインターナショナルスクール生徒に、幕張エリアの関東最大級スポーツ施設「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」を積極的に利用していただく予定です。

今回の提携によりGSA傘下のスクール生徒に、幕張新都心にあるサッカー施設の「ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA」を積極的に利用してもらう予定もあるようです。

幕張新都心には既に『幕張インターナショナルスクール』があるので、今回のような計画があるのはなかなか意外な感じがしますが、同地域にはサッカー日本代表の練習場『JFAナショナルフットボールセンター』が出来る予定ですので、サッカーの街になるかもしれない幕張の未来を見据えた事業なのかもしれません。

『JFAナショナルフットボールセンター』幕張の日本サッカー拠点がいよいよ着工。現地の様子をレポート。
※この記事は2018年5月17日に加筆・修正しました。 幕張新都心に新たに出来る『JFAナショナルフットボールセンター(仮称)』の建設...