『イオンスタイル 幕張ベイパーク』新たなスーパーが2019年春オープン予定。現地の様子をレポート。

人気の記事
人気の記事

※この記事は2018年11月23日に加筆・修正しました。

幕張新都心に新たに造成されている住宅街の「幕張ベイパーク」内に、

『イオンスタイル 幕張ベイパーク』がオープン予定となっています。

本店舗は、幕張新都心に本社を構える「イオン株式会社」系の企業が展開する、

”総合スーパーを中心としたショッピング施設”となります。

当初は仮称として「(仮称)イオン幕張若葉店」という名称になっていましたが、

公式サイトから募集されている求人情報などを確認すると、

『イオンスタイル 幕張ベイパーク』という店名になることが決まったようです。

イオンには色んな種類の店舗があり、近隣にある「イオンモール幕張新都心」のような巨大ショッピング施設もありますが、

今回建設される「イオンスタイル」は、どちらかと言うと小規模な店舗となっているので、

”普段使い”の利用が想定される、ほどよい広さのお店になるものと思われます。

店舗については、駅から幕張ベイパークまでの導線上にあり、

また、道路を挟んだ「敷地a」と「敷地b」の2つの区画に、

計4棟の建物で構成される作りとなるようです。

生鮮食品のスーパーマーケットを始め、レストラン、ベーカリー、カフェなどの店舗も予定されているとのことです。

なお、「大規模小売店舗立地法に基づく届出」によると、

2019年4月1日オープン予定となっているようです。

以下より、現地の様子を簡単にレポートしたいと思います。

アクセス イオンスタイル 幕張ベイパーク

周辺マップ


・JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩約10分
・幕張ベイパークB-7・B-2地区の前

店舗情報

・敷地a 千葉市美浜区若葉3丁目2-12
・敷地b 千葉市美浜区若葉3丁目2-16

2018年9月中旬頃の様子

上の写真の、左側が「敷地a」、右側が「敷地b」です。

海浜幕張駅から幕張ベイパークに至る道の途中に建設される予定です。

奥には建設中のB-7地区のタワーマンションが見えます。

こちらは「敷地a」です。土地の形状はやや細長い感じです。部分的にパーティションで仕切られていますが、ただの更地の状態です。

こちらは「敷地b」です。aよりもやや広々した感じ見えます。こちら側もまだ更地の状態ですが、全体がパーティションで仕切られており、工事作業が始まりかけているようです。

上の写真は、B-7地区から駅方面を眺めた様子です。交差点向こうの両サイドの敷地に店舗が出来る予定です。

この時点では何も建ってないので、遠景に幕張新都心の高層ビル群がよく見えます。

2018年11月中旬頃の様子

こちらは「敷地a」です。以前はまだ無かったパーティションで周囲が囲われています。

こちらは「敷地b」です。ぱっと見は変わっていませんが、敷地の中に重機が入っており、何かの工事が進んでいるようです。

仕切りには店舗に関する案内が貼られています。

2019年4月に誕生することや、オープニングスタッフの募集などが書かれています。

店舗情報 イオンスタイル 幕張ベイパーク

【店舗】スーパーマーケットおよび専門店

【住所】
・敷地a 千葉市美浜区若葉3丁目2-12
・敷地b 千葉市美浜区若葉3丁目2-16

外部 イオンスタイル幕張ベイパーク 求人サイト

▼こちらの記事もオススメ

新たな街『幕張ベイパーク』が幕張新都心に誕生!これまでの流れと現地の様子をレポート
※この記事は2018年11月24日に加筆・修正しました。 幕張新都心に出来る新たな街『幕張ベイパーク(MAKUHARI BAY...
『JR海浜幕張駅~幕張ベイパーク』徒歩約15分のルートを実際に歩いてみました。【街中探検】
※この記事は2018年10月18日に加筆・修正しました。 幕張新都心では、『幕張ベイパーク』の開発が進行しています。 J...