『イオンモール幕張新都心』幕張周辺にある大型ショッピングモール【お店めも】

人気の記事
人気の記事

『イオンモール幕張新都心』は、全国各地でスーパーマーケットなどを展開している「イオングループ」が運営する、郊外型の大型ショッピングモールとなります。

幕張周辺でも屈指の大型ショッピング施設の同店舗について、

以下より、簡単ではありますが、概要を、まとめて行こうと思います。

アクセス イオンモール幕張新都心

周辺マップ

アクセス

【鉄道】JR海浜幕張駅より徒歩約20分、バスで約8分
【車】最寄りICは東関東自動車道「谷津船橋IC」「湾岸習志野IC」「湾岸千葉IC」・京葉道路「幕張IC」
【駐車場】約7300台 6時間無料(以降100円/20分毎、一日最大1000円)

『イオンモール幕張新都心』の概要

「幕張新都心拡大地区」にオープン

『イオンモール幕張新都心』は、長らく未開発の状態となり、周辺には『コストコ幕張店』しか無かった「幕張新都心拡大地区」に、

2013年12月17日にプレオープン、2013年12月20日にグランドオープンしました。

ショッピングモールを運営する「イオングループ」の本社が立地する幕張新都心にオープンした店舗と言うこともあってか、総力を結集した旗艦店の位置づけとなっています。

店舗の大きさについても国内最大級の広さとなり、端から端の移動に10~15分程度は掛かる、とても大きな規模のお店となっています。

4つのコンセプトに沿ったショッピングモール

店舗はいくつかのエリアに分かれ、各モールが遊歩道で繋がっている構造となっています。

また、モールごとに異なるコンセプトとなっており、

・「グランドモール」は、大人のライフスタイル

・「ペットモール」は、ペットのライフスタイル

・「ファミリーモール」は、ファミリーのライフスタイル

・「アクティブモール」は、スポーツと家電のライフスタイル

上記の4つのテーマに沿った作りになっています。

各モールにはそれぞれ目玉となる店舗が入居しており、例として、

「グランドモール」は、本とカフェが楽しめる『蔦屋書店』や、映画館の『イオンシネマ』、お笑いの『よしもと幕張イオンモール劇場』など、

「ペットモール」は、国内最大級のペット総合ストアの『pecos』、

「ファミリーモール」は、仕事体験テーマパークの『カンドゥー』、

「アクティブモール」は、国内最大級のスポーツ専門店の『スポーツオーソリティ』や、体験型スポーツテーマパークの『レジェンドスポーツヒーローズ』などがあります。

大型で、6時間無料の、駐車場を完備

駐車場は、約7300台収容可能な広さとなり、駐車料金は、6時間無料となっています。(以降100円/20分毎、一日最大1000円)。

大きい駐車場とは言え、休日や周辺で大型イベントが開催されている時は、かなり混雑している事もあるので、利用の際は注意が必要ですが、

6時間無料という点は、駐車料金をあまり気にしなくて良いので、店舗利用者にとっては使い勝手が良い設定だと思います。

イオンモール前には新駅設置の予定も

なお、現在は最寄りの「海浜幕張駅」からはやや離れた位置にありますが、将来的にイオンモール前のバスターミナル周辺に、京葉線の新駅が設置される予定です。

▼関連記事はコチラ

幕張新都心『JR京葉線 幕張新駅』設置が決定!これまでの流れと現地の様子をレポート。
※この記事は2018年12月5日に加筆・修正しました。 千葉県・市・イオンモールなどで構成される「幕張新都心拡大地区新駅設置協...

幕張メッセなどからも徒歩圏内ではありますので、幕張新都心へのアクセスとして、新たな導線としても期待が高まります。

関連 公式サイト