【千葉ニュース】『JR 総武快速・横須賀線』新型車両の「E235系」導入へ。その他、新小岩駅のホームドア稼働間近も。

人気の記事
人気の記事

千葉市における主要な交通機関でもある、JR『総武快速・横須賀線』について、下記2つの情報があるようですのでご紹介します。

最新車両の『E235系』を2020年度以降に順次導入へ

関連 山手線の新型E235系電車を横須賀・総武快速線にも投入 グリーン車に無線LAN、コンセント

JR東日本は2018年9月4日(火)、横須賀・総武快速線にE235系電車を導入すると発表しました。

E235系は量産先行車が2015年から、量産車が2017年から山手線で営業運転をしています。横須賀・総武快速線の現在の主力車両は、1994(平成6)年登場のE217系電車ですが、2020年度以降、新造のE235系に順次置き換えられます。車両数は11両編成が51本、4両編成が46本の計745両です

今回導入される『E235系』は、2017年より山手線にて営業運転をしている最新型の電車となり、

車内にはデジタルサイネージや、防犯カメラが設置される他、

車いす対応の大型洋式トイレの導入や、グリーン車には無料公衆無線LANや電源コンセントが設けられるとのことです。

総武快速・横須賀線のほか、内房線・外房線、総武本線なども運用区間になるとのことで、

2020年度以降に順次、新型車両に置き換えられるとのことです。

新小岩駅のホームドアが2018年10月下旬に本格稼働へ

関連 あの新小岩駅にとうとう「ホームドア」が 10月下旬から本格稼働

「人身事故」多発に悩まされる

JR東日本は6月、葛飾区や東京都などの協力の下、同駅総武快速線で10月下旬からホームドア使用を開始すると既に公表していた。

葛飾区は8月22日、8月20日~27日まで同駅の快速線ホームドア本体の設置工事を行うと発表。今回の工事は本体部分のみの設置にとどまり、ドア部分は稼働しない、としている。使用開始時期はJR東日本の発表と同様に10月下旬だ。

9月2日時点で、本体の工事は終わったようだ。ツイッター上では、ホームドアが設置されていたことに対し写真や文章で反応する人が続出した

人身事故が多発していたことにより「ホームドア」設置へ向けて計画が進んでいた総武快速線の『新小岩駅』ですが、本体工事が行われ、10月下旬にいよいよ本格稼働するとのことです。

スポンサーリンク
この記事をお届けした
まくめもの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

関連記事&スポンサーリンク