【ポケモンGO】シンオウ地方で発見されたポケモンがいよいよ解禁。「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」などが登場。

人気の記事
人気の記事

スマートフォンアプリ『ポケモンGO(Pokémon GO)』にて、

2018年10月17日(水)より、『シンオウ地方』のポケモンがいよいよ登場となりました。

『ポケモンGO』では、これまでも、

・赤 緑シリーズの「カントー地方」

・金 銀シリーズの「ジョウト地方」

・ルビー サファイアシリーズの「ホウエン地方」

の各シリーズごとのポケモンが追加されてきましたが、

今回はいよいよ、第4世代である、

ダイヤモンド パールシリーズの「シンオウ地方」

の新ポケモンが登場となりました。

同シリーズは、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」にて、

2006年に「ダイヤモンド・パール」が、2008年に「プラチナ」が発売された作品となり、

作品の舞台である「シンオウ地方」は、北海道をモチーフとした北国のイメージとなっていたりもしました。

登場ポケモンについては、

最初に出会う「ナエトル」「ヒコザル」「ポッチャマ」を始めとした、新個体のポケモンもいますが、

過去作のポケモンが”新たに進化する”といったパターンも目立ち、

例えば、エレブー → エレキブル、ニューラ → マニューラ、ユキワラシ → ユキメノコ

といった具合のものが、今までよりも多くなっています。

伝説のポケモンとしては、

パッケージに描かれ、作中においてもシンボル的な存在となっていた、

「ディアルガ」「パルキア」「ギラティナ」を始め、

幻のポケモンには「マナフィ」「ダークライ」「シェイミ」などがいます。

今回「ポケモンGO」では、シンオウ地方の通常ポケモンについては、数週間に渡り少しずつ登場するようにしていくようです。

伝説系はまだまだ情報がありませんので、続報が待たれるところです。