『海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』概要のまとめと現地の様子をレポート。

人気の記事
人気の記事

海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』は、

千葉市の幕張新都心内で進められている、施設整備の事業となります。

内容としては、2020年に幕張でも開催予定となっている、

東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、

JR京葉線 海浜幕張駅の南口にある駅前広場に、

エスカレーター・エレベーターなどの昇降機を整備するものとなります。

以下より、『海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』の概要や現地の様子について、まとめていこうと思います。

アクセス JR京葉線 海浜幕張駅

周辺マップ

『海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』の概要

工事内容について、現地に概要が貼り出されていましたので、それを参考にまとめていこうと思います。

本事業の主な整備内容としては、南口駅前広場に「昇降機」を設置するものとなりますが、

計画図を確認すると、海浜幕張駅の南口を出て少し直進した辺りの場所に、

エスカレーター・エレベーターの新設、歩行者シェルターの増設などが行われるとのことです。

こちらは完成イメージ図その1です。

こちらは完成イメージ図その2です。

完成図を見ると、新設されるエスカレーター・エレベーターは、

プレナ幕張2F付近にある「遊歩道」に接続されるものとなっているようで、

工事としては中々大がかりな物となっています。

前述の通り、東京オリンピック・パラリンピックに関連した整備事業となっているとのことで、

会場である「幕張メッセ」への導線確保の目的が大きいと思われますが、

確かに、プレナ幕張の2F辺りからは、遊歩道経由で幕張メッセに繋がっていますので、

一定の効果はありそうではあります。

なお、整備スケジュールは、

●~2018年10月
・配水管、電灯など、障害物の撤去移設工事

●2018年10月~2019年7月
・エスカレーター・エレベーター整備、歩行者シェルターの増設

●2019年5月~2019年7月
・南口駅前広場 バリアフリー整備、ロータリー整備

となっており、進捗により前後はあるようですが、

2019年7月頃までに整備される計画となっているとのことです。

『海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』 2018年11月頃の様子

以下、『海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』の現地の様子です。

上の写真は、海浜幕張駅南口から、プレナ幕張の方面を見た際の様子です。

駅前広場の一部区画はパーティションで仕切られており、中には重機が入り、整備工事が進んでいます。

ちなみに、工事区間の向こう側に行きたい場合は、左右に迂回スペースがあるので、そこを通って行くことが出来ます。

プレナ幕張2F付近の遊歩道から見た際の様子です。

地上から遊歩道に架けて、エスカレーター・エレベーターが整備されるとのことで、

南口駅前広場の風景も、今後大きく変わって行くことになりそうです。

施設情報 『海浜幕張駅南口駅前広場 エスカレーター・エレベーター等の整備工事』

【施設】エスカレーター・エレベーター新設

【場所】海浜幕張駅南口駅前広場