『幕張本郷のハクモクレン(白木蓮)』春先には純白の花が開花。通り沿いに植えられている街路樹。【街中】

「JR・京成 幕張本郷駅」周辺にある通り沿いには、

『ハクモクレン(白木蓮)』が街路樹として植えられており、

ちょっとした並木道のような感じになっています。

例年、3月中旬辺りに開花しており、

ハクモクレンの花を鑑賞することが出来ます。

以下より、現地の様子などの情報を記して行こうと思います。

アクセス 幕張本郷のハクモクレン(白木蓮)

周辺マップ

・JR・京成「幕張本郷駅」より徒歩約3分

・陸側方面、跨線橋を下った先の通り沿い

・JR・京成「幕張本郷駅」より徒歩約3分

・海側方面、バスロータリー出入口の交差点先の通り沿い

幕張本郷のハクモクレン(白木蓮)の様子

幕張本郷陸側の様子です。

落葉樹なので冬場は枝だけになっていますが、

春が近づいてくると枝先のつぼみが開花し、花が咲きます。

なお、剪定される影響で、花が少ないシーズンもあります。

開花時期には、木の枝に沢山ついている花の姿を見ることが出来ます。

満開の頃は純白の花が綺麗です。

幕張本郷海側の様子です。メイプルイン幕張の辺りの通り沿いにも「ハクモクレン」が沢山植えられています。

開花時期が短いですので是非この時期に、お花見気分でお散歩でもいかがでしょうか。

施設情報 幕張本郷のハクモクレン(白木蓮)

【施設】街路樹

【住所】千葉県千葉市花見川区幕張本郷