『築地市場~豊洲市場』”新旧”市場間を徒歩で散策してきました。ルートや現地の様子をレポート。【後編】

人気の記事
人気の記事

※この記事は2018年10月8日に加筆・修正しました。

大規模の魚市場を有し、日本の台所と呼ばれてきた、

東京都の『築地市場』ですが、

2018年10月6日(土)を最後に営業を終了した後、

10月11日(木)に新市場である『豊洲市場』に移転することとなっています。

今回の散策では、

『築地市場』と、実はそこから徒歩で行けないことも無い『豊洲市場』までの、

”新旧”市場散歩を行っていますが、

前編では、築地市場周辺までの散策を行っていました。

『築地市場~豊洲市場』”新旧”市場間を徒歩で散策してきました。ルートや現地の様子をレポート。【前編】
※この記事は2018年10月8日に加筆・修正しました。 千葉市の幕張周辺は、東京都内へ鉄道利用などで気軽に遊びに行けるくらいの...

今回は、後編として『築地市場~豊洲市場』の徒歩ルートの様子を中心に、

以下より、簡単にレポートしたいと思います。

なお、『築地市場』移転後も、『築地場外市場』はそのまま残るので、

『築地場外市場~豊洲市場』散歩のルートとして、ご活用ください。

アクセス 築地市場~豊洲市場

周辺マップ

・築地市場(場内)を出た後、晴海道路沿いを歩き、豊洲方面へ行く。

『築地市場~豊洲市場』徒歩ルートの様子

(前回の続きから言うと)『築地市場(場内)』を出た後、「築地場外市場」を通り抜け、晴海道路との交差点に行き、

進行方向から見て”右折”をして、豊洲方面へ歩いて行きます。

晴海道路沿いを歩いて『豊洲市場』へ向かいます。しばらくはひたすら直進します。

進行方向の右側には『築地場外市場』のエリアが続きます。

通りの途中には、築地の名店が入居する「築地魚河岸」というショッピング施設がありました。場内市場移転後でも、生鮮食品などが買えるようになっているようです。

場外市場のエリアを抜けると、正面奥の方に「勝どき橋」が見えてきました。

進行方向の右側には、築地市場の出入り口である「築地市場勝どき門」がありました。敷地内からは運搬トラックが走ってきます。

「勝どき橋」を渡ります。そのまま直進します。

橋の上で少し振り返ってみると、川沿いから築地市場が見渡せます。

橋の途中に信号機のようなものがついています。

「勝どき橋」は中央部が開く”跳開橋”とのことで、昔は船舶が航行するときに開いていたようですので、交通整理で使用されていたのかもしれません。

現在は開閉できないようになっているそうです。

上の写真は、橋の中央部分です。なんとなく切れ込みのような、隙間が空いています。心なしか車が通過するとちょっと揺れるような気も。

橋を渡り、引き続きそのまま直進します。この辺りは勝どきの地区です。

清澄通りとの交差点です。周辺には、都営大江戸線「勝どき駅」があります。

少し進むと「黎明橋」という橋があるのでそのまま渡ります。

運河沿いの風景です。タワーマンションと思われる建物がいっぱいあります。

橋を渡り、引き続きそのまま直進します。この辺りは晴海の地区です。

少し進むと、奥の方に橋が見えてきます。

そのまま直進し、

「晴海大橋」を渡ります。

広い運河を渡る、結構大きめな橋のようです。対岸が小さく見えます。

運河を眺めると、隣に平行に掛かる大きな橋があります。これは整備中の、環状2号線の一部にあたる「豊洲大橋」のようです。

対岸沿いをよーく見ると、向こう側に目的地の「豊洲市場」が見えてきました。

橋を渡り終えました。そのまま直進します。

少し進むと、都道484号豊洲有明線との交差点に着きます。道路上に掛かる高架には「ゆりかもめ」が走っています。

この交差点を”右折”します。

しばらく直進します。歩行者と自転車の通路がしっかり分けられています。

直進します。上の写真の左側にある高架がゆりかもめの路線です。

しばらく進んだ先には、ゆりかもめ「市場前駅」があります。周辺に何も無い頃からこの名前が付いていたそうです。

駅の向こう側には、先ほど晴海大橋から見えていた、『豊洲市場』の建屋がありました。遂に目的地に到着しました!

駅近くの一帯には「豊洲市場」の建屋が並んでいます。

車両用の通用口かと思いますが、開場前なのでガランとしています。

この周辺は、移転後は活気のある場所になるものと思われます。

『築地市場』から『豊洲市場』へ、日本の新たな台所として、新市場が始動します。

一般向けの見学が行えるようになるそうですので、新たな観光地にもなりそうです。

アクセス 豊洲市場~東京メトロ豊洲駅

周辺マップ

・都道484号豊洲有明線沿いを進み、豊洲駅に向かう。

『豊洲市場~東京メトロ豊洲駅』徒歩ルートの様子

『豊洲市場』周辺から、豊洲駅周辺に行ってみましょう。

ルートとしては、道なりに真っ直ぐ行くとその内たどり着けるものとなっています。

『豊洲市場』周辺から、都道484号豊洲有明線沿いを、豊洲駅方面に進みます。

通り沿いにある高架に「ゆりかもめ」が走っています。

しばらく進むと、ゆりかもめ「新豊洲駅」がありました。

しばらく直進します。豊洲の地区の歩道などは綺麗に整備されています。

ゆりかもめの豊洲駅周辺に着きました。せっかくなので、ショッピング施設の「ららぽーと豊洲」を通っていきましょう。

交差点を”左折”して、

しばらく直進します。

ららぽーと豊洲の建屋に着きました。フードコートに繋がる入口が近くにありました。

お店の中を通り抜けます。

店舗を出ます。こちらがおそらく正面の入口かと思います。

周辺には、東京メトロの駅の入口がありました。

有楽町線「豊洲駅」に到着です!

今回、築地市場の散策~豊洲市場~豊洲駅、というコースとなりましたが、

途中に昼食や休憩なども含め、ここまでは、およそ2時間40分掛かりました。

全体で5kmくらいありますので、なかなか沢山の距離を歩いたなぁという印象です。

なお、幕張周辺に帰るには、ここから新木場駅に出て京葉線で帰るか、

有楽町線「新富町駅」に行き、日比谷線「築地駅」に乗り換えて、来た道を戻るかすれば帰れます。

▼こちらの記事もオススメ

『築地市場~豊洲市場』”新旧”市場間を徒歩で散策してきました。ルートや現地の様子をレポート。【前編】
※この記事は2018年10月8日に加筆・修正しました。 千葉市の幕張周辺は、東京都内へ鉄道利用などで気軽に遊びに行けるくらいの...