【幕張ニュース】京葉道路の上り「武石IC~船橋IC」間に付加車線を設置 上り3車線へ

人気の記事
人気の記事

関連 京葉道路上り・武石IC~船橋IC間に付加車線設置へ 約2年間にわたり交通規制

NEXCO東日本は2018年5月28日(月)、渋滞対策として、京葉道路上りの武石IC~船橋IC間に付加車線を設けると発表しました。

同区間は朝夕の通勤時間帯を中心に、慢性的に渋滞が発生しているといいます。この対策として、6月からおおむね2年間、上下線の車線をずらし、付加車線の整備を進めます。

工事は、中央分離帯側に仮設防護柵を設置し、また、夜間(20時から翌6時まで)には必要に応じて車線規制を行い、中央分離帯や路肩の改良が行われます。付加車線は上り線に設置されますが、工事によっては下り線でも車線規制が行われることがあります。

この工事が完成すると、上り線は千葉市花見川区の武石ICから東京都江戸川区の篠崎ICにかけて上りは3車線(江戸川大橋は4車線)になる計画です。

京葉道路「武石IC~船橋IC」間について、上り線のみですが3車線化されることが決まったようです。工事期間は概ね2年間とのことです。

現状では幕張IC~船橋IC間は上下2車線ずつしかないのでよく渋滞しており、また6月2日(土)の千葉外環開通に伴い通行量が増加する可能性もあるので、今回の改良により交通渋滞が若干でも解消されることが期待されます。